キャンペーン第四話その2

 リンドの村の宿の亭主が語るところには、季節はずれのこの大雨の原因について相談すべく、村の若者3人を村はずれの魔導師の家へと向かわせたのが3日前のこと。いずれも村の腕自慢、しかも魔導師の家がある村はずれの森については熟知しているという。彼らなら1日とせず戻るはずが既に3日・・・、彼らに何かがあったのか否かもわからないまま、次の手を打ちあぐねていたところだという。

 「・・・もしかして、ここに来る途中に私、見かけたかもしれません。」メイリアが口を挟んだ。
 「何!?知っているのか、雷電・・・じゃなくて、メイリア!」
 「森の中の赤い屋根の2階建ての洋館でしょうか?」フェフラの声は聞こえなかったのか、メイリアが続けると、
 「おお、なら話がはやい。お嬢さんがおっしゃるとおり、その家が魔導師ガーナックの家でさ。」亭主が答えた。

 すると、近くで飲んでいた若者が突然叫んだ。
「ガーナックだと!この大雨は全てあいつのせいだ!あいつの呪いだ!!前から怪しげな研究をしていると思っていたら、案の定こんなことになっちまって・・・。俺のダチもあいつにやられちまったに違いない・・・。うっうっ・・・。」
 若者はずいぶんと酔いがまわっているのか、そのままテーブルに突っ伏してしまった。

 自然と一行の視線が亭主に集まった。
 「こんな田舎町だ。村はずれの森なんかに住んでる魔導師に変な噂が立っちまうのもわかるだろう?だが、ガーナックさんは確かに浮世離れしているかもしれないが、悪人ではないのは確かでさ。ちょうど、道をご存知の方もいらっしゃるようだし、様子を見てきてはもらえねえでしょうか?」

 今晩はゆっくり休んでいただいて、翌朝、正式に村長から依頼させて欲しいという亭主の申し出をありがたく受け、一行は宿に泊まり、疲れた体をしばし休めることにした。

 ・・・カンカンカンカン!けたたましい鐘の音が早朝の村に響きわたり、一行の眠りを破る。「河だ!堤防がやばい!!」村人の叫びが聞こえてくる。
 大慌てで身支度を整えた一行が宿から飛び出すと、すでに多くの村人が河の方へと走っていく後姿が見える。一行が河に到着すると、堤防の土嚢積みが始まっていた。

 「手伝います!」カレリクがまっさきに村人の列に加わっていった。
 「私も力仕事はそれなりに出来ますし・・・、あ、こちらが手薄のようです!増援お願いします!」メイリアも指示を飛ばし始めた。
 「ほら、ソーリンさん、急いで急いで!・・・、あ、力んだら・・・。ちょっとトイレに」ヴォルテールもはりきっている。
 「では、わしの力をみせるか。伊達に鍛冶屋の息子ではないぞ」ソーリンもやっと追いついたようだ。
 「みんな、頑張ってね~」レギンはあちこちふらふらして、手伝ってるのやら、邪魔しているのやら。
 「お、重い・・・」フェフラも非力ながら、手伝っている。

 小一時間も経っただろうか、一段落したところで一行はかっぷくのいい男性に声をかけられた。村長だった。宿の亭主から昨晩のことは聞いているらしく、正式に調査依頼をしたいとのことだった。報酬も出すという。
 「お手伝いいただいたばかりで申し訳ありませんが、この豪雨の中ガーナック殿の屋敷までたどり着けるのは皆さんをおいておりますまい。なにとぞお願い申し上げます」
 村長の言葉に一行は深くうなずく。そして、いよいよ魔導師ガーナックの屋敷へと向かうこととなった。
 
[PR]
# by geleb | 2011-10-30 02:03 | D&D4e